本サイトについて

本サイトは、一般社団法人こいのぼりが運営しているミトコンドリア病に関する最新情報を集約するポータルサイトです。 疾患に関連する最新論文の紹介や開発状況といった、研究視点での情報集約・発信をおこなっております。また、国内患者会情報についても紹介いたします。 本サイトに関するお問い合わせは以下までお寄せください。

an inquiry email address

一般社団法人こいのぼりに関する情報は、こちらのサイトを御覧ください。

最新論文紹介

ミトコンドリア病に関する最新論文を定期的に紹介いたします。
運営者による概要コメントを記載してありますが、更なる詳細内容を確認したい場合には個別に掲載ジャーナルへご連絡ください。
現在2014年1月から8月までの論文を掲載しております。過去の論文をご覧になりたい方は、本項目下部にありますPDFをダウンロードしてください(Websiteに掲載されている論文紹介も記載されています)。

論文情報 コメント
Redox Biol. 2014 Jan 10;2:206-10.
A review of the mitochondrial and glycolytic metabolism in human platelets and leukocytes: Implications for their use as bioenergetic biomarkers.
Kramer PA, Ravi S, Chacko B, Johnson MS, Darley-Usmar VM.Department of Pathology, UAB Mitochondrial Medicine Laboratory, Center for Free Radical Biology, University of Alabama at Birmingham, Birmingham, AL, USA.
末梢血の血小板と白血球がミトコンドリア機能障害のバイオマーカーとなり得るかを検討した総説。血小板と単球は代謝と炎症のそれぞれ独立したマーカーになり得ること、リンパ球は感染や炎症に対するエネルギー代謝を反映し得る事、好中球は解糖系の代謝が主体で、過剰な酸化ストレスにおけるミトコンドリアの機能障害にはより有益となる可能性が示されています。
Sci Transl Med. 2014 Jan 29;6(221).
Antioxidants accelerate lung cancer progression in mice.
Sayin VI, Ibrahim MX, Larsson E, Nilsson JA, Lindahl P, Bergo MO.Sahlgrenska Cancer Center, Department of Molecular and Clinical Medicine, Institute of Medicine, University of Gothenburg, SE-405 30 Gothenburg, Sweden.
NAC(N-アセチル システイン)やビタミンEなどの抗酸化サプリメントの取り過ぎは、活性酸素を減少させる事により、癌抑制遺伝子であるP53の発現を減少させ、腫瘍の成長を加速させる危険があると言っています。
Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Jan 21;111(3):960-5.
UCP2 transports C4 metabolites out of mitochondria, regulating glucose and glutamine oxidation.
Vozza A, Parisi G, De Leonardis F, Lasorsa FM, Castegna A, Amorese D, Marmo R, Calcagnile VM, Palmieri L, Ricquier D, Paradies E, Scarcia P, Palmieri F, Bouillaud F, Fiermonte G.Department of Biosciences, Biotechnologies, and Biopharmaceutics and Center of Excellence in Comparative Genomics, University of Bari, 70125 Bari, Italy.
UCP2 (ミトコンドリア内膜のエネルギー産生に関与するタンパク質)がリンゴ酸、オキサロ酢酸、およびアスパラギン酸トリン酸塩との交換を促進し、ミトコンドリアから細胞質へ輸出する事を示しました。 また、結果としてUCP2がミトコンドリアにおける解糖系からの酸化的リン酸化を制限し、glutaminolysisを充実させると言っています。
PLoS One. 2014 Jan.
Improved metabolic health alters host metabolism in parallel with changes in systemic xeno-metabolites of gut origin.
Campbell C, Grapov D, Fiehn O, Chandler CJ, Burnett DJ, Souza EC, Casazza GA, Gustafson MB, Keim NL, Newman JW, Hunter GR, Fernandez JR, Garvey WT, Harper ME, Hoppel CL, Meissen JK, Take K, Adams SH.Genome Center, University of California Davis, Davis, California, USA.
糖尿病のインシュリン抵抗性の指標として測定される経口糖負荷試験を、軽度糖尿病の中年女性に対し14週から17週の運動負荷前後で行う事で、全身の代謝物の変化について検討した論文。結果としてミトコンドリアにおける解糖系からの好気的、嫌気的反応の変化を反映する代謝物として、α-ケトグルタル酸、リンゴ酸、ピルビン酸、ウリジン二リン酸グルクロン酸(アスコルビン酸の中間体)がピックアップされました。
Proc Natl Acad Sci U S A. 2014 Feb 25;111(8):3116-21.
Inhibition of p53 preserves Parkin-mediated mitophagy and pancreatic β-cell function in diabetes.
Hoshino A, Ariyoshi M, Okawa Y, Kaimoto S, Uchihashi M, Fukai K, Iwai-Kanai E, Ikeda K, Ueyama T, Ogata T, Matoba S.Department of Cardiovascular Medicine, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine, Kawaramachi-Hirokoji, Kamigyo-ku, Kyoto 602-8566 Japan.
小胞体ストレスや酸化ストレスにより増加した細胞質のp53が、マイトファジー誘導因子である Parkin と結合することでマイトファジーを阻害し、膵臓β細胞のミトコンドリア機能低下を引き起こすため、インスリン分泌障害が生じ糖尿病に至るという、新規メカニズムを発見しました。
J Natl Cancer Inst. 2014 Mar;106(3).
Baseline selenium status and effects of selenium and vitamin e supplementation on prostate cancer risk.
Kristal AR, Darke AK, Morris JS, Tangen CM, Goodman PJ, Thompson IM, Meyskens FL Jr, Goodman GE, Minasian LM, Parnes HL, Lippman SM, Klein EA.Cancer Prevention Program, Fred Hutchinson Cancer Research Center, 1100 Fairview Ave N, M4-B402, Seattle,WA 98122
セレンサプリの内服は、低セレン状態の男性にはそもそも有益ではなく、高いセレン状態の男性では前立腺癌の危険が高まりました。ビタミンEサプリの内服は低セレン状態の男性での前立腺癌の危険を増加させました。 男性は栄養所要量を超えている投与量で、セレニウムやビタミンEサプリメントなどの抗酸化サプリメントの使用を避けるべきです。
PLoS Genet. 2014 May 15;10(5).
G×G×E for lifespan in Drosophila: mitochondrial, nuclear, and dietary interactions that modify longevity.
Zhu CT, Ingelmo P, Rand DM.Department of Ecology and Evolutionary Biology, Brown University, Providence, Rhode Island, USA.
ミトコンドリアの遺伝子型は、寿命へ有意に影響し、また食事制限による反応に明らかに関与することが分かりました。そしてこれらの効果は、核遺伝子のバックグラウンドと特定の食事環境に非常に依存していることも分かりました。
PLoS Genet. 2014 May 29;10(5).
PINK1-Parkin pathway activity is regulated by degradation of PINK1 in the mitochondrial matrix.
Thomas RE, Andrews LA, Burman JL, Lin WY, Pallanck LJ.Department of Biology, University of Washington, Seattle, Washington, USA.
PINK1 は自分自身の分解を介してミトコンドリアの膜電位をモニターする「ミトコンドリア品質管理」であり,異常なミトコンドリアが存在すると,そこに Parkin を呼び寄せます。一方の Parkin は「ユビキチン化を介したミトコンドリアの隔離/分解役」であり,両者が協調して働くことで膜電位を失ったミトコンドリアだけが細胞のミトコンドリアネットワークから除去されます。本論文ではミトコンドリアマトリックスにてPINK1の分解が行われる事で、PINK1-Parkin経路が適切に制御されている事を明らかにしています。
Cell Mol Life Sci. 2014 May 28.
Biosynthesis and roles of phospholipids in mitochondrial fusion, division and mitophagy.
Zhang Q, Tamura Y, Roy M, Adachi Y, Iijima M, Sesaki H.Department of Cell Biology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD, USA.
ミトコンドリアの融合・分裂などの形態変化は、GTPase (mitofusion, Opa1, Drp1)とともに、ミトコンドリア膜のリン脂質が関与することが報告されています。リン脂質がミトコンドリア新生とともに融合・分裂と言った品質管理についての総説です。
Cell Metab. 2014 May 6;19(5):757-66.
Mitohormesis.
Yun J, Finkel T.Center for Molecular Medicine, National Heart, Lung and Blood Institute, NIH, Bethesda, MD 20892, USA.
ミトコンドリは単なるエネルギー産生器官ではなく、細胞全体の恒常性を保つために重要な役割を果たす器官であることを解説した総説。特にミトコンドリアにもたらされるストレスにより、細胞質内のでの伝達経路の活性化が、それに伴う核における様々な遺伝子の発現に繋がる事に注目し、最終的に細胞、個体の老化に関連する事を考察をしています。
Curr Biol. 2014 May 19;24(10).
ROS function in redox signaling and oxidative stress.
Schieber M, Chandel NS.Division of Pulmonary and Critical Care Medicine, Department of Medicine, The Feinberg School of Medicine, Northwestern University, Chicago, IL 60611, USA.
活性酸素(ROS)は脂質や蛋白、遺伝子を傷つける悪者とされてるが、少量のROSは細胞内のシグナル伝達経路として利用されており、ストレス応答の観点からは重要です。少量の有効なROSと過剰の障害性のROS、その両点について解説した総説です。
Cell Metab. 2014 Apr 1;19(4):642-52.
Pathogenesis of human mitochondrial diseases is modulated by reduced activity of the ubiquitin/proteasome system.
Segref A, Kevei _, Pokrzywa W, Schmeisser K, Mansfeld J, Livnat-Levanon N, Ensenauer R, Glickman MH, Ristow M, Hoppe T.Institute for Genetics and Cologne Excellence Cluster on Cellular Stress Responses in Aging-Associated Diseases (CECAD), University of Cologne, Z_lpicher Strasse 47a, 50674 Cologne, Germany.
ミトコンソリア呼吸鎖不全とミトコンドリアストレスは、細胞質におけるユビキチン依存性の分解経路に影響し、細胞全体の監視に関与している事が明かっとなりました。
EMBO Mol Med. 2014 Apr 6;6(6):721-31.
Effective treatment of mitochondrial myopathy by nicotinamide riboside, a vitamin B3.
Khan NA, Auranen M, Paetau I, Pirinen E, Euro L, Forsstr_m S, Pasila L, Velagapudi V, Carroll CJ, Auwerx J, Suomalainen A.Molecular Neurology, Research Programs Unit, University of Helsinki, Department of Neurology, Helsinki University Central Hospital, Neuroscience Research Centre University of Helsinki, Helsinki, Finland.
マウスモデルにおける検討により、NAD+の前駆体であるNRサプリメント(ビタミンB3)は、ミトコンドリア筋症の発症と進行を防止する事が示されています。
J Neurosci. 2014 Apr 23;34(17):5800-15.
Expression of Nampt in hippocampal and cortical excitatory neurons is critical for cognitive function.
Stein LR, Wozniak DF, Dearborn JT, Kubota S, Apte RS, Izumi Y, Zorumski CF, Imai S.Department of Developmental Biology, Department of Psychiatry, The Taylor Family Institute for Innovative Psychiatric Research, Department of Ophthalmology, and Department of Anatomy and Neurobiology, Washington University School of Medicine, St. Louis, Missouri 63110.
Nampt(NAD+生合成の律速酵素)のノックアウトマウスの検討より、特に海馬と大脳皮質の神経先駆細胞における、Namptを介したNAD+の合成は、認知機能の形成に重要である事が示されています。
Chem Phys Lipids. 2014 Apr;179:64-9.
Cardiolipin asymmetry, oxidation and signaling.
Kagan VE, Chu CT, Tyurina YY, Cheikhi A, Bayir H.Center for Free Radical and Antioxidant Health, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA 15219, USA; Department of Critical Care Medicine, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA 15219, USA; Safar Center for Resuscitation Research, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA 15219, USA.
ミトコンドリア内膜のカルディオリピン(CL)は呼吸鎖複合体の安定化とともにアポトーシスやマイトファジーなどの品質管理に関与します。本論文ではダメージを受けたミトコンドリアにおいてCLの内膜から外膜へ移動する際に、その酸化程度により細胞死やマイトファジーが生じる事を総説としてまとめてあります。
Nat Med. 2014 Apr;20(4):415-8.
Plasma phospholipids identify antecedent memory impairment in older adults.
Mapstone M, Cheema AK, Fiandaca MS, Zhong X, Mhyre TR, MacArthur LH, Hall WJ, Fisher SG, Peterson DR, Haley JM, Nazar MD, Rich SA, Berlau DJ, Peltz CB, Tan MT, Kawas CH, Federoff HJ.Department of Neurobiology and Behavior, University of California, Irvine School of Medicine, Irvine, California, USA.
血液中に存在する10種類の脂質に着目し、この脂質の変化をみると、アルツハイマー型認知症(AD)とその予備軍(MCI)が90%以上の確率でわかることを発見しました。これらのリン脂質は神経細胞の活動に必須であり、特にミトコンドリアの活性との関係も興味深いものです。
Mol Genet Metab. 2014 Jun 30. Mitochondrial myopathy, lactic acidosis, and sideroblastic anemia (MLASA) plus associated with a novel de novo mutation (m.8969G>A) in the mitochondrial encoded ATP6 gene.
Burrage LC, Tang S, Wang J, Donti TR, Walkiewicz M, Luchak JM, Chen LC, Schmitt ES, Niu Z, Erana R, Hunter JV, Graham BH, Wong LJ, Scaglia F.Department of Molecular and Human Genetics, Baylor College of Medicine, Houston,TX, USA.
ミトコンドリアの筋障害、乳酸アシドーシス、および鉄芽球性貧血(MLASA)は、PUS1とYARS2での変異に関連したまれなミトコンドリア異常です。 本症例報告では、発育遅延、感音難聴、てんかん、脳梁欠損症、成長障害、および脳卒中様発作のMLASAの特徴があり、 ミトコンドリア・ゲノムに目新しいミトコンドリアのDNAにコード化されたATP6遺伝 (m.8969G>A) の点突然変異を特定しました。
Traffic. 2014 Jun 20.
Phospholipid Transport via Mitochondria.
Tamura Y, Sesaki H, Endo T.Research Center for Materials Science, Nagoya University, Nagoya, 464-8602, Japan.
リン脂質合成のための細胞部位が小胞体(ER)膜やミトコンドリア内膜などの特定のコンパートメントに制限されるので、新たに合成されたリン脂質は、ERかミトコンドリアから細胞膜まで適切に輸送されて、分配されなければなりません。最近の研究では、ERとミトコンドリアとミトコンドリアのOMとIMの間のリン脂質交換に興味深い知見が報告されています。
Hum Genet. 2014 Jun 6.
Mitochondrial DNA copy number in peripheral blood cells declines with age and is associated with general health among elderly.
Mengel-From J, Thinggaard M, Dalga_rd C, Kyvik KO, Christensen K, Christiansen L.Epidemiology, Biostatistics and Biodemography Unit, The Danish Aging Research Center, The Danish Twin Registry, Institute of Public Health, University of Southern Denmark, J.B. Winsl_ws Vej 9, 5000, Odense, Denmark.
この研究は、血液中のミトコンドリアのDNAコピーナンバーが多い方が、より健康で長生きする傾向にる事を示唆しています。
PLoS Genet. 2014 Jun 19;10(6)4.
Loss of UCP2 attenuates mitochondrial dysfunction without altering ROS production and uncoupling activity.
Kukat A, Dogan SA, Edgar D, Mourier A, Jacoby C, Maiti P, Mauer J, Becker C, Senft K, Wibom R, Kudin AP, Hultenby K, Fl_gel U, Rosenkranz S, Ricquier D, Kunz WS, Trifunovic A.Cologne Excellence Cluster on Cellular Stress Responses in Aging-Associated Diseases (CECAD) and Institute for Mitochondrial Diseases and Aging, Medical Faculty, University of Cologne, Cologne, Germany.
ミトコンドリア内膜に存在するUCP2は、活性酸素や膜の不安定に影響されずに、ミトコンドリア呼吸鎖不全に有益な効果を示す事が分かりました。実際にmtDNAの心臓では、UCP2による脂肪酸の代謝亢進が認められました。
Biomed Res Int. 2014 Jun 9.
Essential Amino Acids and Exercise Tolerance in Elderly Muscle-Depleted Subjects with Chronic Diseases: A Rehabilitation without Rehabilitation?
Aquilani R, D'Antona G, Baiardi P, Gambino A, Iadarola P, Viglio S, Pasini E, Verri M, Barbieri A, Boschi F.Dipartimento di Scienze del Farmaco, Universita_ degli Studi di Pavia, Viale Taramelli 14, 27100 Pavia, Italy.
最近の研究で、必須アミノ酸(EAA)のサプリメントによる、慢性心不全や呼吸不全の身体能力向上についての有益性が示されています。これはEAAによる、骨格筋と心筋層における筋原繊維とミトコンドリアの増加とグルコース調節によるものとされています。
Cell Metab. 2014 Jun 3;19(6):1042-9.
NAD(+)-dependent activation of Sirt1 corrects the phenotype in a mouse model of mitochondrial disease.
Cerutti R, Pirinen E, Lamperti C, Marchet S, Sauve AA, Li W, Leoni V, Schon EA, Dantzer F, Auwerx J, Viscomi C, Zeviani M.Unit of Molecular Neurogenetics, The Foundation "Carlo Besta" Institute of Neurology IRCCS, 20133 Milan, Italy; MRC-Mitochondrial Biology Unit, Cambridge CB2 0XY, UK.
ミトコンドリア病モデルマウスにNR(ビタミンB3)を投与した所、ミトコンドリア呼吸鎖異常の改善と運動能力の向上が示されました。
Nature. 2014 Jun 19;510(7505):397-401.
The metabolite α-ketoglutarate extends lifespan by inhibiting ATP synthase and TOR.
Chin RM, Fu X, Pai MY, Vergnes L, Hwang H, Deng G, Diep S, Lomenick B, Meli VS, Monsalve GC, Hu E, Whelan SA, Wang JX, Jung G, Solis GM, Fazlollahi F, Kaweeteerawat C, Quach A, Nili M, Krall AS, Godwin HA, Chang HR, Faull KF, Guo F, Jiang M, Trauger SA, Saghatelian A, Braas D, Christofk HR, Clarke CF, Teitell MA, Petrascheck M, Reue K, Jung ME, Frand AR, Huang J.Molecular Biology Institute, University of California Los Angeles, Los Angeles, California 90095, USA. Department of Molecular and Medical Pharmacology, University of California Los Angeles, Los Angeles, California 90095, USA.
カロリー制限による寿命の延長するメカニズムについて、線虫を用いて解析した所、クエン酸回路の中間代謝物であるα-ケトグルタル酸 (α-KG) によるミトコンドリア呼吸鎖複合体Ⅴの抑制によるATP産生の低下と、TORの活性低下か関わる事が示さました。興味深い事は、この際には活性酸素が増加しており、α-KGが単なる抗酸化剤として作用している訳でない事が主張されている事で、glutaminolysisの関与等も示唆されています。
J Biol Chem. 2014 Jul 28.
Mitochondria are gate-keepers of T cell function by producing the ATP that drives purinergic signaling.
Ledderose C, Bao Y, Lidicky M, Zipperle J, Li L, Strasser K, Shapiro NI, Junger WG.Beth Israel Deaconess Medical Center and Harvard Medical School, United States
ATPは、エネルギー供与体として知られますが、一方で、刺激に応じて細胞内から細胞外へと放出され、細胞膜上のプリン受容体(ATP受容体)を活性化させ、様々な生理作用を引き起こす事が知られています。本論文では宿主免疫機能の中心的な役割を果たすT細胞におけて、急激なATP産生がプリン受容体を活性活性化し、同細胞の免疫システムを制御している事を示しています。
Biochem Biophys Res Commun. 2014 Jul 24.
Mitochondrial tRNA cleavage by tRNA-targeting ribonuclease causes mitochondrial dysfunction observed in mitochondrial disease.
Ogawa, Shimizu A, Takahashi K, Hidaka M, Masaki H.Department of Biotechnology, The University of Tokyo, Japan.
ミトコンドリア病に認めるtRNA(mt tRNA)の遺伝子変異とミトコンドリア機能障害との相関関係の研究は重要ですが決して容易ではりません。本論文ではバクテリアのtRNA特有のRNA分解酵素でmt tRNA分裂を伴う新しい方法を提案しています。
Mitochondrion. 2014 Jul 22.
Comparative analysis of human mitochondrial methylomes shows distinct patterns of epigenetic regulation in mitochondria.
Ghosh S, Sengupta, Scaria V.GN Ramachandran Knowledge Center for Genome Informatics, CSIR Institute of Genomics and Integrative Biology, Mall Road, Delhi 110007, India; Academy of Scientific and Innovative Research (AcSIR), New Delhi, India.
ミトコンドリア・ゲノムに関連している後世的修飾は十分に分析されていません。 本論文では、NIH Roadmap Epigenomicsプロジェクトから39の異なったヒト細胞と組織タイプからのメチル化されたDNA免疫沈降反応データセットからのメチルシトシンプロフィールを分析しました。
Br J Pharmacol. 2014 Jul 15.
Glutathione administration reduces mitochondrial damage and shifts cell death from necrosis to apoptosis in aging diabetic mice hearts during exercise.
Golbidi S, Botta A, Gottfred S, Nusrat A, Laher I, Ghosh S.Department of Anesthesiology, Pharmacology and Therapeutics, University of British Columbia, Vancouver, Canada.
Ⅱ型糖尿病の心臓における運動療法時の抗酸化剤の効果について、マウスモデルを用いて検討しています。本論文ではグルタチオン投与にて、運動療法時における心筋ミトコンドリア由来の活性酸素の減少と心筋壊死や繊維化の軽減を認め、運動療法時の心筋保護に抗酸化療法の有効性が示さました。
Hum Mol Genet. 2014 Jul 15.
Oxaloacetate activates brain mitochondrial biogenesis, enhances the insulin pathway, reduces inflammation and stimulates neurogenesis.
Wilkins HM, Harris JL, Carl SM, E L, Lu J, Eva Selfridge J, Roy N, Hutfles L, Koppel S, Morris J, Burns JM, Michaelis ML, Michaelis EK, Brooks WM, Swerdlow RH.Department of Neurology, University of Kansas Alzheimer's Disease Center, Department of Molecular and Integrative Physiology, Department of Biochemistry and Molecular Biology, University of Kansas Medical Center, Kansas City, KS 66160, USA
脳におけるバイオエネルギーの減少は、多くの神経変性疾患に認めます。本論文ではクエン酸回路に必要なオキサロ酢酸をマウスへ投与することで、脳におけるミトコンドリア新生、インシュリン伝達経路の促進と炎症所見の軽減を認め、海馬における神経細胞の新生を認めました。
J Cell Biol. 2014 Jul 21;206(2):289-305.
Drosophila Sirt2/mammalian SIRT3 deacetylates ATP synthase β and regulates complex V activity.
Rahman M, Nirala NK, Singh A, Zhu LJ, Taguchi K, Bamba T, Fukusaki E, Shaw LM, Lambright DG, Acharya JK, Acharya UR.Program in Gene Function and Expression, Program in Molecular Medicine, Program in Bioinformatics and Integrative Biology, and Department of Cancer Biology, University of Massachusetts Medical School, Worcester, MA 01605, USA
NAD+依存性脱アセチル化酵素であるSIRT3 (ショウジョウバエSirt2)が、ミトコンドリア呼吸鎖複合体V:ATP合成酵素の脱アセチル化を行い、エネルギー産生に関与している事が示されています。
Mol Cell. 2014 Jul 3.
Bcl-2 Family Proteins Participate in Mitochondrial Quality Control by Regulating Parkin/PINK1-Dependent Mitophagy.
Hollville E, Carroll RG, Cullen SP, Martin SJ.Molecular Cell Biology Laboratory, Department of Genetics, The Smurfit Institute, Trinity College Dublin, College Green, Dublin 2, Ireland.
アポトーシス抑制因子であるBcl-2が、Parkin/PINK1依存的なマイトファジーを制御する事により、ミトコンドリアの品質管理全般に関わっている事が示されました。
BMC Res Notes. 2014 Jul 4;7(1):427.
Ubiquinol reduces gamma glutamyltransferase as a marker of oxidative stress in humans.
Onur S, Niklowitz P, Jacobs G, No_thlings U, Lieb W, Menke T, Do_ring F.Author information:Institute of Human Nutrition and Food Science, Division of Molecular Prevention, Christian Albrechts University Kiel, Heinrich-Hecht-Platz 10, 24118 Kiel, Germany.
還元型コエンザイムQ10であるユビキノール(Q10H2)は、ミトコンドリアの脂質膜にあり抗酸化作用があります。血清中のGTT活性は心血管疾患に関係します。本研究では健常人にユビキノールのサプリメント投与したところ、血清GGT活性の低下が認められ、酸化ストレスの軽減作用が示唆されました。
Cell. 2014 Jul 3;158(1):84-97.
A Nuclear Pyruvate Dehydrogenase Complex Is Important for the Generation of Acetyl-CoA and Histone Acetylation.
Sutendra G, Kinnaird A, Dromparis P, Paulin R, Stenson TH, Haromy A, Hashimoto K, Zhang N, Flaim E, Michelakis ED.Department of Medicine, University of Alberta, Edmonton, AB T6G 2B7, Canada.
ピルビン酸脱水素酵素複合体(PDC)はミトコンドリアの如何にかかわらず核でアセチル-CoAを発生させます。 PDCは複数のシグナルに対応してミトコンドリアから核に移動し、細胞周期S期の進行に必要なヒストンのアセチル化に重要です。ミトコンドリアから核にダイナミックに移動するPDCにより、ヒストンのアセチル化やエピジェニックな制御に必要なアセチルCoAが供給される事を示しています。
Cell. 2014 Jul 3;158(1):54-68. Glucose Regulates Mitochondrial Motility via Milton Modification by O-GlcNAc Transferase.Pekkurnaz G, Trinidad JC, Wang X, Kong D, Schwarz TL.The F.M. Kirby Neurobiology Center, Boston Children's Hospital and Department ofNeurobiology, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA. 翻訳後修飾に関わるGlcNAcylation(OGT)により、ミトコンドリアの軸索移動を行うミルトンは修飾を受けており、さらにその状態は、細胞外のグルコースによって変化しています。
PLoS One. 2014 Jul 1;9(7).L-carnitine prevents progression of non-alcoholic steatohepatitis in a mouse model with upregulation of mitochondrial pathway.Ishikawa H, Takaki A, Tsuzaki R, Yasunaka T, Koike K, Shimomura Y, Seki H,Matsushita H, Miyake Y, Ikeda F, Shiraha H, Nouso K, Yamamoto K.Department of Gastroenterology and Hepatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama, Japan. L-カルニチンは、ミトコンドリアのβ酸化と酸化還元反応を改善し、マウス非アルコール性脂肪性肝炎モデルの進行を防止しました。
Mol Cell. 2014 Jul 17;55(2):253-63
Tracing compartmentalized NADPH metabolism in the cytosol and mitochondria of Mammalian cells.
Lewis CA, Parker SJ, Fiske BP, McCloskey D, Gui DY, Green CR, Vokes NI, Feist AM, Vander Heiden MG, Metallo CM.Department of Bioengineering, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA; Institute of Engineering and Medicine, University of California, San Diego, La Jolla, CA 92093, USA.
細胞質及びミトコンドリアにおけるNADP(H)の測定法の開発についての報告です。
Cell Metab. 2014 Jul 4.
The Lysosomal v-ATPase-Ragulator Complex Is a Common Activator for AMPK and mTORC1, Acting as a Switch between Catabolism and Anabolism.
Zhang CS, Jiang B, Li M, Zhu M, Peng Y, Zhang YL, Wu YQ, Li TY, Liang Y, Lu Z, Lian G, Liu Q, Guo H, Yin Z, Ye Z, Han J, Wu JW, Yin H, Lin SY, Lin SC.State Key Laboratory for Cellular Stress Biology, School of Life Sciences, Xiamen University, Fujian 361102, China.
ライソゾームにある膜ATPaseは、AMPK及びmTORの活性化に必要であり、異化・同化反応時におけるスイッチとして作用しています。
Mol Cell Biol. 2014 Aug 1;34(15):2890-902.
Mitochondrial Matrix Ca2+ Accumulation Regulates Cytosolic NAD+/NADH Metabolism, Protein Acetylation, and Sirtuin Expression.
Marcu R(1), Wiczer BM(1), Neeley CK(1), Hawkins BJ(2). Mitochondria and Metabolism Center, Department of Anesthesiology and PainMedicine, University of Washington, Seattle, Washington, USA .
ミトコンドリアへのCa流入によりエンルギー産生とミトコンドリア新生が起きる背景に、ミトコンドリアの活性化とともに細胞質とミトコンドリアのNAD+/NADPH比が減少し、SIRT1が活性化する事を示しています。

臨床開発状況

日本における治験・臨床試験・臨床研究

ミトコンドリア病に関する臨床開発状況を定期的に紹介いたします。情報は国内と海外にわけて掲載してあります。
更なる詳細内容を確認したい場合には個別に各機関Websiteをご参照ください。
過去の臨床開発をご覧になりたい方は、本項目下部にありますPDFをダウンロードしてください(Websiteに掲載されている臨床開発状況も記載されています)。

開発化合物 作用機序 疾患 開発段階 責任施設
EPI-743
(UMIN000010783)
品質管理:抗酸化作用 メラス 臨床研究 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
EPI-743(JapicCTI-132349) 品質管理:抗酸化作用 リー脳症 企業治験
(第3相)
大日本住友製薬
タウリン
(UMIN000005592)
品質管理:翻訳後修飾 メラス 臨床試験 川崎医科大学神経内科
コハク酸ナトリウム
(UMIN000013512)
エネリギー産生:クエン酸回路 ミトコンドリア病 臨床試験 鳥取医科大学小児科
BF-759
(UMIN000012934)
エネルギー産生:ミトコンドリア生合成(PPARγ促進) ミトコンドリア脂肪酸代謝異常症 臨床試験 島根大学医学部附属病院小児科
ピルビン酸ナトリウム
(UMIN000008341)
エネルギー産生:解糖系 ミトコンドリア病 臨床試験 広島大学大学院医歯薬保健学研究院
L-アルギニン
(JMA-IIA00025)
品質管理:NO産生による血管保護 メラス
(高乳酸血症)
医師治験
(申請準備中)
久留米大学医学部小児科
5-アミノレフ_リン酸塩酸塩・
クエン酸第一鉄ナトリウム
エネルギー産生:呼吸鎖複合体 ミトコンドリア病 医師治験 埼玉医科大学医学部小児科
イデベノン
(CoQ10誘導体)
エネルギー産生:呼吸鎖複合体 レーベル病 臨床研究 兵庫医科大学眼科

海外の臨床試験

開発化合物 作用機序 疾患 開発段階 責任施設
EPI-743
(NCT01721733)
品質管理:抗酸化作用 リー脳症 企業治験
(第2相)
エジソン社
EPI-743
(NCT02104336)
品質管理:抗酸化作用 ピアソン病 企業治験
(第2相)
エジソン社
RP103
(NCT02023866)
品質管理:抗酸化作用
(システアミン)
リー脳症 企業治験
(第2相)
ラプター社
Dapagliflozin
(NCT01439854)
糖尿病薬 多発ミトコンドリア機能障害症候群 臨床試験 テキサス大学、国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所
Trihepatonin
(NCT01379625)
エネルギー産生:脂肪酸酸化
(中鎖脂肪酸)
ミトコンドリア脂肪酸代謝異常症 臨床試験 ピッツバーグ大学、オレゴン大学
GS-010
(NCT02064569)
遺伝子治療 ミトコンドリア病 企業治験
(第1/2相)
ジェンサイト社
rAAV2-ND4
(NCT01267422)
遺伝子治療 メラス
(高乳酸血症)
臨床試験 華中科技大学

創薬開発状況

ミトコンドリア病関連する学会にて発表された創薬開発状況を紹介いたします。
学会の詳細については、掲載されておりますWebsiteをご覧ください。
過去の創薬開発状況をご覧になりたい方は、本項目下部にありますPDFをダウンロードしてください(Websiteに掲載されている創薬開発状況も記載されています)。

UMDFMitochondrialMedicine2014

化合物 作用機序 状況 研究機関
Bendavia 品質管理:オートファジー
エネルギー産生:呼吸鎖複合体
企業治験(第2相) ステルスペプチド社
Raxone(イデベノン) エネルギー産生:呼吸鎖複合体(14484>3640>11778,SD:83%,RR:50%) 欧州申請中(レーベル病) サンテラ社
NV189(コハク酸プロドラッグ) エネルギー産生:クエン酸回路 前臨床試験 ニューロヴィヴェ社
XJB-5-131 品質管理:抗酸化作用 前臨床試験 ピッツバーグ大学
インドール系化合物 エネルギー産生:呼吸鎖複合体 応用研究 東北大学
MRQ34 品質管理:抗酸化作用
エネルギー産生:呼吸鎖複合体
応用研究 アリゾナ州立大学
mitoTALEN ミトコンドリア遺伝子異常の是正 応用研究 マイアミ大学
AIF:Apoptosisinducingfactor エネルギー産生:呼吸鎖複合体 基礎研究 ペンシルバニア大学

EuroMit2014

化合物 作用機序 状況 研究機関
高脂肪低糖質食 エネルギー産生:脂肪酸酸化 臨床研究(メラス) ヘルシンキ大学、タンペル大学
L-システイン エネルギー産生:呼吸鎖複合体 応用研究(メラス、マーフ) ニューカッスル大学
デカン酸焉i中鎖脂肪酸) エネルギー産生:脂肪酸酸化 応用研究 ロンドン大学小児保健研究所
GW1929(PPARγ促進) エネルギー産生:ミトコンドリア生合成 応用研究 ヘルシンキ大学
Mdivi-1(ミトコンドリア分裂阻害) 品質管理:ミトコンドリア融合促進 応用研究 コロンビア大学
Ubiquinol-10(還元型CoQ10) 品質管理:抗酸化作用エネルギー産生:呼吸鎖複合体 応用研究 グラナダ大学
NR:ニコチンアミドリボシド(ビタミンB3) エネルギー産生:ミトコンドリア生合成 応用研究 ヘルシンキ大学
リボフラビン(ビタミンB2) エネルギー産生:呼吸鎖複合体 応用研究 “BambinoGes_”Children'sHospital

国内外患者会情報

*現在準備中
ミトコンドリア病および関連疾患の国内外患者会情報を掲載いたします。

PDFダウンロード

ミトコンドリア病関連イベント

ミトコンドリア病に関連する国内外イベント情報を掲載いたします。